「刑事責任問われれば責任重い」会見で小沢氏(読売新聞)

 小沢一郎・民主党幹事長は、1日の定例記者会見で、自身の資金管理団体「陸山会」の土地購入を巡る政治資金規正法違反事件について、「不正な金銭は一切受け取っていない」と改めて潔白を主張した上で、「刑事責任を問われる事態は想定していないが、もしそういう事態があるとするなら、責任は重いと考えざるをえない」との認識を示した。

 小沢氏は冒頭、「先週、弁護人を通じて当局からもう一度話を聞きたいとの要請を受けた。日程調整をして、昨日(1月31日)、都内において3時間あまり、色々な説明を求められ、知っている限りの事実、記憶している事実について、包み隠さず申し上げました。内容は、先日、行われた時(1回目の事情聴取)の内容とほぼ同じ内容です」などと説明した。

 記者の質問に対しては「個々のことは捜査中なので私から申し上げるのは適切ではないと思います」などと述べ、詳しい説明を避けた。

別のブラジル人同乗者が出頭=携帯の男か、名古屋ひき逃げ−愛知県警(時事通信)
五輪招致活動報告書が判明 知事、61委員と交渉 深い関係築けず(産経新聞)
阿弥陀如来像、浄土宗に戻る=法然800年忌前に−京都(時事通信)
エスカレーターから転落死…ランドマークタワー(読売新聞)
国際児童文学館 資料搬出始まる(産経新聞)
[PR]
by 8fiabufp1p | 2010-02-06 16:11


<< <朝青龍>聴取へ 傷害容疑で立... 民主参院国対委員長「これ以上何... >>