民主参院国対委員長「これ以上何を調べるのか」(産経新聞)

 民主党の平田健二参院国対委員長は5日の定例会見で、政治資金規正法違反事件で不起訴処分となった小沢一郎幹事長の進退について「幹事長を退く必要はさらさらない」と述べ、小沢氏の幹事長続投を支持した。さらに「ぜひ、参院選の先頭に立って勝利に導いてほしい」とも語り、小沢氏を中心に今夏の参院選に臨むことを強調した。

 平田氏はまた、自民党が国会での小沢氏の証人喚問を要求していることについて「何度も記者会見で説明している。これ以上何を調べるのか。国会の場で議論する必要はない」と述べ、証人喚問には応じない方針を示した。

【関連記事】
石川知裕被告を保釈 保釈金1200万円
「民主の倫理観」批判 辞職勧告不採決で自民・大島氏
平野長官、小沢氏不起訴に「党議員としてはよかった」
特捜部、小沢捜査続行 国税当局とタッグでリベンジへ
不起訴で「盛大な前夜祭」 民主党内の軽薄さと重苦しさ

元運輸部長、不起訴は不当=福知山線脱線で検察審査会−神戸(時事通信)
百貨店の井筒屋、暴力団会合に1万円弁当(読売新聞)
<国家公務員法改正>仙谷担当相、降格規定に前向きな姿勢(毎日新聞)
デフレ克服、日銀と一体で=新成長戦略で経済成長−菅財務・経財相(時事通信)
覚せい剤2・5キロ、MDMA2000錠も(読売新聞)
[PR]
by 8fiabufp1p | 2010-02-05 20:57


<< 「刑事責任問われれば責任重い」... 【中医協】「夜勤72時間ルール... >>