予算案の審議入りできず=個所付け通知で紛糾−衆院委(時事通信)

 衆院予算委員会は3日の理事会で、国土交通省が2010年度に行う公共工事の実施場所(個所付け)を民主党が同党都道府県連に通知していたことをめぐり、紛糾した。このため、予定されていた10年度予算案の提案理由説明は4日に先送りされたが、同日中に審議入りできるかは流動的だ。
 自民、公明、共産各党は理事会で、個所付けの通知について「情報漏えいであり、予算審議前の通知は認められない」と反発。民主党の通知資料の提出や政府による説明などを求めた。これに対し、民主党は「あくまで中間報告だ」と釈明。資料の提出を拒否したが、野党側は納得しなかった。 

【関連ニュース】
初の党首討論、17日に開催=首相と自公党首が対決
10年度予算、3日審議入り=衆院委
政治とカネで首相防戦=「小沢独裁」と谷垣氏
「政治とカネ」、第2ラウンドへ=1日から代表質問
首相「政治とカネ」辛くも乗り切る=閣僚ら答弁窮す場面も

【中医協】新型インフル流行時の療養病棟入院、出来高可能に(医療介護CBニュース)
普天間移転の候補地徳之島 地元町長は官房長官と面会拒否(J-CASTニュース)
<てんかん>防止のたんぱく質を特定 日米のチームが(毎日新聞)
加藤被告、謝罪し起訴事実認める…秋葉原事件(読売新聞)
群馬県、八ツ場ダムの生活再建事業入札開始 政府は見直し示唆(産経新聞)
[PR]
by 8fiabufp1p | 2010-02-03 22:52


<< 【中医協】「夜勤72時間ルール... 民家に4人組強盗、430万奪う... >>