<郵政改革法案>小沢幹事長が今国会での成立方針を明言(毎日新聞)

 民主党の小沢一郎幹事長は23日、名古屋市で開かれた全国郵便局長会(全特)の通常総会であいさつし、今国会で審議中の郵政改革法案について「連立与党と連携、協力しながら、今国会での成立をこの場でお約束する」と述べ、今国会で成立させる方針を明言した。全特が求めている今国会中の法案成立を確約し、夏の参院選での支援を求めた。

 小沢氏は参院選について「安定した政権基盤を作るための大事な選挙戦。従来以上のご支援を心からお願いする」と全特に支援を要請。国会会期末が来月16日に迫り、法案の審議日程も厳しく、総会に同席した佐藤泰介参院総務委員長(民主)は「最終盤に相当強引なことをやらないといけない」と述べ、強行採決も辞さない意向を明らかにした。【朝日弘行】

【関連ニュース】
小沢幹事長:潔白を強調…再び不起訴
小沢幹事長:再び不起訴、2回目の検察審へ…陸山会事件
小沢氏:発言、決断「どうなのか」 政権運営に疑問
小沢氏:「青木氏は既成の政治家」
小林千代美衆院議員:議員辞職の意向 北教組事件で

三原じゅん子「しんちゃまファン」告白(スポーツ報知)
パロマ元社長ら控訴断念の方針、有罪確定へ(読売新聞)
金星探査機「あかつき」を打ち上げ(産経新聞)
ネット選挙、夏の参院選からの解禁で最終合意(産経新聞)
映画「ABATOR」から考える政治のあり方(産経新聞)
[PR]
by 8fiabufp1p | 2010-05-28 22:55


<< 若手社員をしかる時、上司は何を... ボーナス7%カットへ=人件費1... >>