町に4300万円支払い命令=前町長不支持の業者を指名せず−熊本地裁(時事通信)

 2003年の熊本県錦町長選で、前町長の対立候補を支持したため公共工事の指名を不当に外されたとして、同町の建設業者2社が、町に約1億2000万円の賠償金を求めた訴訟の判決が24日、熊本地裁であった。長谷川浩二裁判長は「指名回避の理由は、対立候補を支援したことに対する意趣返しだった」として、町に対し計4300万円の支払いを命じた。
 裁判長は「前町長の当落と指名状況の間には明らかな相関関係がある」と認定。「恣意的ではなかった」とする町側の主張を退けた。 

早大OBら3人株価操縦認める 初公判で(産経新聞)
ノエビア前副社長を再逮捕=元交際相手にも嫌がらせメール−兵庫県警(時事通信)
<町田市長選>民主に逆風くっきり 東京(毎日新聞)
マンションで火災、夫婦が死傷 東京・練馬(産経新聞)
首相「政治とカネが影響」…長崎県知事選敗北で(読売新聞)
[PR]
by 8fiabufp1p | 2010-03-01 10:23


<< 冷え込みの朝、新宿西口で踊る「... 自称霊能力者の民生委員ら、殺人... >>